趣味や男友達の優先度

「モテる女の恋愛バイブル」は、男の視点から女がモテるポイントを解説した、男にもてる女になるための"恋愛成就祈願"情報サイトです。

サイトマップ

趣味や男友達の優先度

「デートに誘っても、自分の趣味や男友達との約束を優先されてしまうことがあるけど、私のこと好きじゃなくなったのかなぁ?」と不安に思っている子は少なくないと思う。男はあなたの優先度をどのように考えているのかを知ることで、モテる対応をできるようにしよう。

男は趣味や仕事とあなたのどちらを重視するか?

あなたの彼氏はいつもあなたを最優先してくれる男だろうか?

「私の彼はいつも私と一緒にいてくれるし、デートの誘いなんて断られたことがない」と満足していたとしたら、それはちょっと考え直した方がいい。男にとって、彼女だけが特別な存在で、仕事や男友達、趣味は彼女よりも優先度が低いなんてことはあり得ない。そういう男がいたら、それは女以外に興味がない魅力のない男だと断言できる。

まず、男の愛情は一緒に過ごす時間の長さでは測れないことを理解して欲しい。
「私と一緒にいる時間が短い」と言って不満に思っているならそれはお門違いだ。

だから、仮にどれだけ没頭していたとしても、男の趣味を否定するのはよくない。趣味を否定されると自分自身を否定されたと思い、あなたへの愛情も一気に冷める。「そんなに趣味にかける時間があるなら、もっと私の相手をして!」もNG。男は自分を理解されていないと感じてしまう。

記念日ただ、男の好きなことをただ自由に何でもやらせろ、と言っているわけではない。ちゃんと確認すべきポイントはある。それは記念日やイベントを一緒に過ごしてくれるかどうかである。ここを疎かにするような男は、あなたを大切にしていないか、もう愛が冷めたのだろう。あきらめるしかない。逆にイベントに向けて一生懸命準備してくれる男は心優しい男だ。あなたを大切にする気持ちを決して忘れていない何よりの証拠だ。

あなたのことを大切に思っているなら、こういった時はあなたを最優先に考えるし、いい男というのは自分で企画を考え、予約が必要なら予約だって自分でする。こういう時に男が率先して行動しあなたへの深い愛情を示してくれたら、普段あなたにかける時間がちょっと短いくらい許してあげて欲しい。男はどうしても仕事にかける時間が多くなるし、仕事と彼女は絶対に比べられないからだ。

「俺は仕事よりもお前の方が大事だ」とか言う男は、本当に信用できる男か疑ってかかった方がいい。

男にとって男友達の存在の大きさとは?

では男友達はどうだろうか。あなたは「自分よりも男友達を優先されるのは納得がいかない」と思っているのではないだろうか。なんとなく気持ちは分からなくもない。

男における男友達の存在、それはたぶん女が想像している以上に大切な存在だ。男の友情は軽いものではない。

例えば、あなたの彼が「男友達と飲んでくる」と言ったとしよう。あなたは「男だけでどんな会話しているのかしら?どうせやらしい話で盛り上がってるんでしょう。」と思ったりしていないだろうか?

男だけの飲み会で話すこと。それはずばり「人生」についてだ。

男の友情男には、女にはなかなか相談しにくいことや、聞かれるとちょっと気恥ずかしいことを男同士の集まりで話す。だから、人生について真面目な話をする時に、もし一人でも女が混じっていると、そういう話は一切しなくなる。
これまでの人生で起こったこと、今後の人生についての相談は、内容が真面目になればなるほど男同士で話す傾向が強くなる。決して卑猥な話で盛り上がるために男だけで集まるわけではない。

だから、あなたの大切な人にも、男友達との付き合いは続けるようにしてあげて欲しい。 彼女が出来たからといって急に付き合いが悪くなる男は、今まで近くにいた男が離れていく可能性がある。"可能性がある"と書いたのは、必ずしもそうではないからだ。本当に理解のある親友であれば、彼女に夢中になっている友達の気持ちも理解できるからそっとしておいてくれることもあるだろうが、やはり一般的に考えると気持ちのいいものではない。遊びに誘われなくなっても文句は言えないだろう。

そして、間違いなくその男の彼女(あなた)の評判にも関わってくるから注意して欲しい。彼女(あなた)に理解がないから、男友達と遊ぶことも許してもらえないんだと思われてしまう。逆に、「男友達との集まりなら積極的に行ってきていい!」というスタンスの彼女なら 何もしなくても勝手に男からの評判は良くなる。彼氏もその友達もみんな喜ぶしあなたにもメリットがあるのだ。そういうスタンスを心がけていい女になって欲しい。

ただしくれぐれも注意して欲しいのは、その集まりに女がひとりもいないかどうかである。よく集まるグループにいつも女がいるのであれば、男同士の友情はその集まりで発揮されることはない。