男がグッとくる瞬間

「モテる女の恋愛バイブル」は、男の視点から女がモテるポイントを解説した、男にもてる女になるための"恋愛成就祈願"情報サイトです。

サイトマップ

男がグッとくる瞬間

勝ち組女になるためには、男が女に惹かれる瞬間、つまり「男が女にグッとくる瞬間」を知っておくことが重要だ。これらをうまく(自然に)できるようになれば、モテる女に一歩も二歩も近づくことができる。男にはそれぞれのこだわりポイントがあるだろうが、ここに書いてあることは男なら誰もが「この子いい!」って思ってしまうようなものばかり。どこかで聞いたことがあるようなものもあると思うが、本当に効果が期待できるのでぜひトライしてもらいたい。男って、ホント単純だから。

男がグッとくる瞬間 〜会話編〜

自分の話を目線をそらさず聞いてくれたとき

男は女に見つめられるとグッとくる。しかも自分の話をしっかり聞いてくれているという感情がプラスされて効果大。

自分の今の気持ちを汲み取ってくれたとき

自分の気持ちを理解してもらえるのは嬉しいもの。ちゃんと男を観察していないとできない分、次のような言葉をかけられると男は喜ぶ。

  • 楽しんでいるとき:「すごい楽しそうだね!何かおもしろいことでもあった?」
  • 落ち込んでいるとき:「今日はちょっと元気なさそうだけど、大丈夫?」

くだらない話に共感してくれたり一緒に笑ってくれたとき

くだらない話というのは自分の自然体の姿がでるもの。自然体のときに共感できる子というのはポイントが高い。価値観が合うと思わせる効果もある。何より、一緒に楽しめているという状況とあなたの笑顔の相乗効果で親近感が増すこと間違いなし。よく笑う子はモテる。

男がグッとくる瞬間 〜しぐさ編〜

髪を耳にかけるとき

髪をかき上げるだけでも効果はあるが、男が好きなのは髪を耳にかけるしぐさ。女性特有だからか、このしぐさを見るとドキッとする。

長い髪の毛をさっと振り乱したときに香るシャンプーの香り

これはよく聞く話かもしれない。髪が揺れる視覚効果とシャンプーの香りの嗅覚効果に男はやられてしまう。あくまでも自然な動きとほんのり程度の香りがポイント。(キツい香水の香りとは全く違うので勘違いしないように。)

映画やドラマに夢中で入り込み、一粒の涙を見せたとき

感動系の感情は男の前で出してもOK。女の涙は武器になるとはよく言ったもので、やはり守ってあげたい願望が働く。勘違いしないで欲しいのは「ケンカしてすぐ泣く」とか「いじけたときにすぐ泣く」とは違うということ。やりすぎるとちょっとウザがられるので注意。

男がグッとくる瞬間 〜さりげない優しさ編〜

食事の取り分けをさりげなくやってくれたとき

これは誰もがやっているようで意外とできていない子が多い。その分、自然に率先して取り分けてくれた子をみると印象がすごくよくなる。逆に「私はそういうのやりたくないから」みたいなオーラを出してると、間違いなくモテません。

飲み会で空いた皿などを率先して片付けてくれたとき

先ほどの逆バージョンで、今度はお方付け編。食事を取り分けたら終了ではなく、空いてるお皿やグラスがあったら片付けるようにしよう。要はまわりに気配りのできる女はモテるということ。ポイントはもちろん"さりげなく"やること。男はちゃんと見てます。

いわゆる"さりげない優しさ"を見たとき

「お年寄りに席を譲る」「子供に優しい笑顔で微笑む」「残業中にお茶やコーヒーをいれてくれる」こういった日常起こりうるシーンでそれなりの対応をできる子に男は弱い。くどいようだが、"してあげた感"を出してはいけない。無償の優しさが男を引き付けることを忘れずに。

男がグッとくる瞬間 〜ボディタッチ編〜

お化け屋敷とか暗いとこで怖がって腕をギュッと掴んでくるとき

狙ってやってるのか自然にそうなっているのか分からないが、これをされて嫌がる男はいない。何より自分が頼りにされてる感がいい。まぁよく聞く話なので納得してもらえると思う。

太ももに手を置かれたとき

チャンスは飲み会。乾杯後まもなくやると「いつもこんなことしてるのか?軽い子なのか?」と思われかねないから、時間がたってちょっと酔ってきたときにやるのがベター。このとき決してその男と目を合わせてはいけない。いかにもアピールしていると思われてしまう。さりげなく自然にこれをやられると男はたまらないのだ。

からかったときに「もう!」とか言いながら腕や肩を軽くたたいてくるとき

これは男と会話をしている最中の話。当然目を合わせてもOK。腕や肩なら普通にタッチしても全然不自然じゃないから積極的にやってみよう。男は顔に出さなくても結構喜んでいるものだ。

隣に座ったとき、わざと甘えるような感じで肩に頭を乗せてくるとき

ちょっとレベルが上がるが、これも男は喜ぶ。知り合って間もない頃なら飲み会で。もう少しで付き合えそうという仲なら「なんか幸せだな〜」とか言いながらやってみるといい。ただしあなたに気があることが前提だから、相手との距離感を上手く察知することを忘れずに。