好き嫌いが少ない女

「モテる女の恋愛バイブル」は、男の視点から女がモテるポイントを解説した、男にもてる女になるための"恋愛成就祈願"情報サイトです。

サイトマップ

好き嫌いが少ない女

好き嫌いと言っても、人にはそれなりの好き嫌いがある。多少嫌いな食べ物があっても構わないが、男と一緒に食事をしている時に思わず嫌いな食べ物を見て「うわぁ、嫌だなぁ・・・」と思ってしまうことがしばしばあるような人は要注意だ。男は女の好き嫌いを放っておけない。

食事で男が受ける女の印象は想像以上に大きい!

男女関係においても、食事の話は避けて通れないので触れておきたい。

あなたは好き嫌いは少ない方だと自信を持って言えるだろうか?もし少しでもためらったのなら注意して欲しい。男は好き嫌いの多い女を決して快く思っていないものだ。

付き合う前後、付き合いの長さに関わらずデートには食事が付き物だ。もちろんデート中に食事をしないこともあるだろうが、そういったケースの方が稀だと思うので「デート=食事をする」という前提で話を進める。

笑顔で食事する女になろうデートでの食事中、あなたの嫌いなものが目の前に運ばれてきたとしよう。あなたはどう思うだろうか?
「嫌いな食べ物が出てきちゃった。食べなくても大丈夫かな・・・」
と不安な気持ちになる。もちろんそれが(無意識に)表情に出てしまう。モテる女の条件として「自然な笑顔が多い」ことを挙げたが、まさに目指すべきところと逆のことが起きてしまうことが分かるだろうか。

好き嫌いがなく、なんでも「おいしい♪」と言って笑顔で食事をする女を男は好きになる。食事する機会はいやでも多くなるので、食事を楽しんでできる女と一緒だと生活そのものが楽しくなるからだ。

逆だと、相手が嫌そうな表情をするのを見る機会が増え、自分も食事を楽しめなくなる。これでは一緒にいたいと思ってもらえないのも当然だ。(逆に考えると分かりやすいと思うが、女だって好き嫌いが少ない男の方がいいと思うだろう。特に自分の手料理を食べてもらうシーンを想像すれば否定の余地はないはずだ。)

実際に体験した「好き嫌いの多い女」への印象とは?

自分の知り合いにまさにこのケースに当てはまる子がいたので紹介したい。その子は、顔は誰が見ても美人系で芸能人とまではいかないが一般人の中ではトップクラス。スタイルはスレンダーで性格は明るく、いかにも男にモテそうなタイプだ。しかし、実際はモテない。

肉も魚も嫌い・・・実はこの子、好き嫌いが相当激しい。
見た目がトップクラスなら、嫌いな食べ物もトップクラスの多さ。具体的には「肉と魚が嫌いで食べられない」のだ。
普通の人なら想像もつかないだろうが、これが事実で、食事はうどんやパスタ(もちろん肉・魚が入っていないもの)が中心となるため、いわゆる定食屋にも入れない。ファーストフードもダメだし、とにかく一緒にいると食事するお店に困ってしまう。

別に付き合っていたわけではないので、その子と食事する時は肉や魚を我慢してお店を選んでいたが、付き合ったことを想像してもとても関係が長続きしそうにないと思う。だから申し訳ないが付き合いたいとも思わないし、万が一付き合ってくれと言われても断るだろう。
(この話は、男全員が納得してくれた。)

ちょっと例が極端だったかもしれないが、食事は男にとってとても重要なポイントなのでこういうケースでは相手がどれだけかわいくても男はちょっと引いてしまうことを知っておいてもらいたい。もしあなたも好き嫌いが多い方なら、少なからず似たようなことが起こる可能性は否定できないのだから。

先にも書いたが、食事をいかにも楽しんでいる女はモテる。(これも男全員が納得してくれた。)なので、できる限り好き嫌いをなくす努力をして、食事中こそ「自然な笑顔を出せる女」になって欲しいと思う。